医師募集情報まとめだーよー

医師が転職先を探すためのポイント

医師という職業は、一般的な企業に勤務している会社員とは大きく異なる職務内容に従事しています。しかし、就職や転職に関しては、あまり違いが生じないものです。大学の医学部を卒業した上で、医師国家試験に合格することが必要なのですが、最初に就職した病院で何十年も勤務するとは限りません。ある程度の年数が経過すると、転職を考えるようになる医師も多いのです。しかし、医師が転職活動をする場合、一般企業の会社員のように行動していると、スムーズに新しい職場を見つけることはできません。求人の内容に特殊性があるため、医療関係の求人に特化した求人媒体を利用することが適切なのです。利用する求人媒体を間違えてしまうと、転職先を見つけるまでにかかる期間が長引いてしまいます。医療関係の求人は、数が限られていることが多いです。また、募集している診療科が限定されている病院も多いため、それまでに経験してきたスキルを活かすことができる場がすぐに見つかる保証もありません。診療科について、強いこだわりを持っている人は別として、あまりこだわっていないという人は、さまざまな診療科の求人を探すようにすると、効率的に転職活動を進めることができます。

待遇に満足できず、人間関係にも辟易しました。

大学を卒業後、地元の大手病院に就職をしました。大学の先生からの紹介で働き始めたのですが、これが辛い。最初から緊急医のアシスタントを任され、ほとんど休みのない生活。3年くらい病院泊まりの生活が続きました。しかし、給料は安く、自分一人だったからよかったものの、家族がいたら到底満足のいく処遇ではありませんでした。また、周囲の先生たちがやる気がなく、適当さが我慢なりませんでした。確かに、患者とは病院の売り上げではありますが、人間です。一人いくらの世界は納得がいきませんでした。そんな待遇と人間関係に我慢がなりませんでした。出入りしている製薬会社の担当からいろいろ情報を集め、転職の機会をうかがっていました。すると、地元の中堅病院で医師を探しているとのこと。仲介をお願いし、色々と話を進めていきました。給料もまあまあ、勤務時間もその時と違い、格段に良いものでした。2ヶ月後、当時働いていた病院を退職し、紹介してもらった病院に転職。働いてわかりましたが、設備が整っていないのです。最新と歌っているのは、一部の設備のみで、全体はやはり中堅であるため、少し遅れている感じがしました。転職をしてみてわかりましたが、やはりなんだかんだ言っても大手病院で働いたほうが、幅広い医師として幅広い業務、治療ができます。ちょっと失敗かと思っていますが、とりあえずここで我慢し勉強をしたいと思います。